Chronoswiss による Only Watch

Chronoswiss: “The Three Apes”

会社設立30周年の記念の年、 Chronoswiss は筋ジストロフィーとの戦いのため、誇りをもってオークション Only Watch にデビューいたします。

ブランドの歴史で初めて、さまざまな珍しい技能や工芸を特徴とする社内手作製のユニークな腕時計を作りあげました。「三猿」は、組み紐飾りをメインに、スケルトン化とファイアーエナメルの伝統工芸を特徴とするアート作品です。ほとんど忘れられている、こうした歴史の復活、手工芸は、 Chronoswiss のCEOであるOliver Ebsteinにとって身近で、大切な「何か」なのです。こうした背景から、2013年春、ブランドの本社があるスイスの町、ルツェルンに特別なワークショップを設立しました。「三猿」などのカチカチと音をたてる宝物は、部分的には1924年にラ・ショー=ド=フォンで造られたアンティークなローズエンジンなどの歴史的工具の助けで、ここでアーティストによって作られます。

この芸術的一品がユニークであるのは、さまざまな高度な技術を一つの腕時計に注ぎ込んでいる点です。 Chronoswiss のダイヤルによるOnly Watchへの貢献は、まず組み紐飾りをメインとする惜しげのない装飾、そしてトップにある透明なファイアーエナメルによる魅力的な深みと3次元の拡がりです。ダイヤルにフィーチャーされた三猿は、病気(否定)に対する人間の典型的反応の象徴であり、筋ジストロフィーに対する認識を高めるはずです。

腕時計の「表面」としてのダイヤルが多くの注目を集めるのに対して、透明な背面ケースを通して見える時計の内部は大きな魅力となっています。手巻きのムーブメントは、惜しげなく装飾され、金細工職人ののこぎりやファイルで、スケルトン化が作品にまで昇華しています。ブリッジやプレートは、組み紐飾りによって装飾されています。それぞれの腕時計の正面と背面は、どちらがより洗練されて見えるかを言うのが難しいほどです。どちらのサイドからこのモデルを賞賛し始めるかに関係なく、常にアート作品が完全に手作りであることが分かります。

www.onlywatch.com/the-watches/chronoswiss/